シックハウス対策の総合情報


シックハウス対策の総合情報トップページ > シックハウス対策の基礎 > VOC(揮発性有機化合物)の放散の少ない建材を選ぶ

VOC(揮発性有機化合物)の放散の少ない建材を選ぶ


VOC(揮発性有機化合物)を放散しない、または、放散の極めて少ない建材の選択は重要な対策です。
現在は、ホルムアルデヒドの放散レベルが最も低いF☆☆☆☆製品が各内装材で出されています。
F☆☆☆☆製品は、建築基準法によりその使用面積が規制されない材料ですが、これらを使用することにより一応法律上の規制は満足します。
ですが、ホルムアルデヒド対策を行うだけでシックハウス対策は完璧とはいえない場合があるということを認識しましょう。

これらを行うのは当たり前で、個人によってはホルムアルデヒド以外の物質対策やVOCをアクティブに吸着・分解する材料、もしくは自然素材を使用するなどの能動的対策を打つ必要があります。
「うちはすべてF☆☆☆☆製品を使ってますから安心です」という言葉だけを鵜呑みにして、後で後悔しないようにしてください。
F☆☆☆☆製品を使うのは、今や「当たり前の真ん中」だと認識しましょう。