シックハウス対策の総合情報


シックハウス対策の総合情報トップページ > シックハウス対策の基礎 > 床から吸入する空気の割合が最も高い

床から吸入する空気の割合が最も高い


室内において人間が吸い込む空気の割合を壁・床・天井で分けた場合の率は、室内で立っている場合は、壁15%前後、床50%前後、天井1%前後となっています。

一方、室内で寝ている場合は、壁8%前後、床70%前後、天井1%前後となっており、いずれも室内気流により吸い込む方向部位は床が最も高いことが注目されます。

このことから、就寝室の床の材料に、慎重な配慮が必要なことがわかります。