シックハウス対策の総合情報


シックハウス対策の総合情報トップページ > シックハウス対策の基礎 > シックハウス症候群にならない完璧な健康住宅はない

シックハウス症候群にならない完璧な健康住宅はない


シックハウス対策を考えるとき、まず、誰が住んでもシックハウス症候群を発症することはないという、絶対的な共通の基準は存在しないと考えなければなりません。
シックハウスは、居住者と住宅の相対関係で決まるからです。

特に、化学物質過敏症といわれる方は、各人で異なる過敏症体質を持っているため、まず、その特性の把握をするところから始めなければなりません。
住居のプラン、業者選定、材料選定、換気計画、コスト、などの外敵諸要因を一つ一つ積み上げていく中で、シックハウス対策を考慮した健康住宅の完成度を高めていく必要があるのです。