シックハウス対策の総合情報


シックハウス対策の総合情報トップページ > シックハウスQ&A > シックハウス症候群はなぜ発症するの?

シックハウス症候群はなぜ発症するの?


直接的な原因の一部は、建材や家具、日用品などから発散するホルムアルデヒドやVOC(トルエン、キシレンその他)などの揮発性の有機化合物を吸い込むことと考えられています。
間接的な原因としては換気量の不足、化学物質を放散する建材の多用が考えられます。

住宅の気密性が高くなった、ライフスタイルが変化し換気が不足しがち、ということも原因として考えられます。
シックハウス症候群は、まだ解明されていない部分が多いのですが、化学物質の濃度が高ければ高いほど、その空間に身を置く時間が長ければ長いほど、発症する可能性がより高まるものと考えられます。