シックハウス対策の総合情報


シックハウス対策の総合情報トップページ > ホルムアルデヒド発散材料 > 集成材

集成材


集成材とは、挽板(ラミナ)または小角材を繊維方向をほぼ平行にして長さ、幅及び厚さの方向に集成・接着したものをいいます。
造作用と構造用に大きく分けられ、大きさの違い、化粧ばりのあるなし等でさらに細かい分類があります。
一般住宅内では主に柱、階段、手すり等に使用されています。

ホルムアルデヒド発散材料として建築基準法によりその使用面積が規制されます。
JASによるF☆☆☆☆製品は規制の対象外となります。