シックハウス対策の総合情報


シックハウス対策の総合情報トップページ > シックハウス原因物質と関連症状 > トルエンと関連症状

トルエンと関連症状


トルエンとはベンゼンと同様に芳香を有する無色で透明な液体で、物性的には揮発性が高く引火点が低い特徴があり、取り扱いには注意が必要な物質です。
トルエン、キシレンを含む空気を吸入した場合の人体の影響については、一般的に200ppm程度の濃度で倦怠感や知覚異常、吐き気等の症状が報告されています。
トルエンは、主に溶剤として多方面の分野で使用されていますが、代表的なものとして塗料、インキ、接着剤等の溶剤として広く使用されています。

厚生労働省の濃度指針値は0.07ppmとなっています。
関連性が指摘されている症状は、倦怠感・頭痛・中枢神経への影響などあげられます。
現在のところ発がん性の指摘はありません。