シックハウス対策の総合情報


シックハウス対策の総合情報トップページ > シックハウス原因物質と関連症状 > ホルムアルデヒドと関連症状

ホルムアルデヒドと関連症状


ホルムアルデヒド(化学式HCHO)とは、沸点21℃の無色でツンとくる刺激臭のある気体です。
これを40%程度水に溶かし込んだものがホルマリンと呼ばれる水溶液で、フェノール樹脂・メラミン樹脂・ユリア樹脂などの樹脂、接着剤、塗料やホルマリン漬標本などに代表される防腐、殺虫剤で安価なこともあり、広く使われています。
天然産物(乾燥シイタケ・タラ・リンゴ・梨類等の果実やアカマツ・檜等の木材)、タバコの煙・ガソリンの排気ガス等にも含まれいます。
また、殺菌・防虫・防腐剤として広く利用されているほか、塗料・接着剤等にも用いられ、日用品としては、皮革製品・衣類・織物等からも放散されています。

厚生労働省の濃度指針値は0.08ppmとなっています。
関連性が指摘されている症状は、目・鼻・喉への刺激、足・手・背中に湿疹、視力低下などがあげられます。
一定の閾値はあるものの、発がん性との関連も指摘されています。