シックハウス対策の総合情報


シックハウス対策の総合情報トップページ > シックハウスを防ぐ換気対策 > 夏場は窓を閉め切らない

夏場は窓を閉め切らない


夏場は化学物質の発散が増えるので、室内が著しく高温高湿となる場合(温度28℃、相対湿度50%超が目安)には窓を閉め切らないようにしましょう。
ベークアウト効果により室内の化学物質の濃度が一気に上昇します。
外出などにより、やむを得ず締め切る場合は必ず機械換気を回すようにしましょう。