シックハウス対策の総合情報


シックハウス対策の総合情報トップページ > シックハウス対策の基礎 > 機械換気設備を活用してシックハウスを防ぐ

機械換気設備を活用してシックハウスを防ぐ


居室への機械換気設備の設置が建築基準法により義務付けられましたが、省エネなどの観点から機械換気を運転しっぱなしにすることへの抵抗が、日本人にいまだ根強く残っていることを感じます。
局所換気の場合は、せっかく換気扇が付いているのに、回し忘れてそのままということもよくあります。

我々人間は人生の90%を室内で過ごします。
身の回りからはあらゆる化学物質や、ダニ・カビなどの有害物質が出ています。たまたま強い症状を呈さないだけで、それらの物質から何らかの影響を受けている可能性は否定できません。
意識してそれらを排出し、新鮮空気を導入することが重要なのです。

24時間換気で電気代がコストアップすることと、健康を損なう可能性を高めることを単純に比較することはできませんが、生涯における住まいの満足度を考えた場合にどちらが得なのかを十分考える必要があるでしょう。