シックハウス対策の総合情報


シックハウス対策の総合情報トップページ > シックハウス対策の基礎 > シックハウスに詳しい設計者・施工者を選ぶ

シックハウスに詳しい設計者・施工者を選ぶ


シックハウス症候群になることを未然に防ぐためには、建物を設計する時点でその防衛策を十分に検討しておく必要があります。
中でもシックハウスに関し意識が高く、最新の情報を熟知している設計者の選定は必須といえます。
建築基準法の規制を満足していれば問題ないとの認識を持っている設計者・施工者はいまだ多いと考えられます。

問題ないというのは、業者が施主へ説明責任を果たしたから問題ないといえるのではなく、シックハウスを防いではじめて問題ないといえるのです。
シックハウス症候群を発症して、責任追及をしても「法は守っている」と開き直る関係者が多いことに注意しましょう。

できれば、施主の利益代行者としての第三者監理者を立て、施主の求める性能を確実に担保させる策を打つことがとても重要であると考えられます。