シックハウス対策の総合情報


シックハウス対策の総合情報トップページ > シックハウスQ&A > 天井裏などの制限によるホルムアルデヒド対策とは?

天井裏などの制限によるホルムアルデヒド対策とは?


天井裏などから居室へのホルムアルデヒドの流入を防ぐための措置が建築基準法で規定されました。
機械換気設備を設ける場合には、天井裏、床下、壁内、収納スペースなどから居室へのホルムアルデヒドの流入を防ぐため、次の@〜Bのいずれかの措置が必要となります。
ただし、収納スペースなどであっても、建具にアンダーカット等を設け、かつ、換気計画上居室と一体的に換気を行う部分については、居室とみなされ、内装仕上げの制限の対象となります。

@建材による措置:天井裏などに第1種、第2種のホルムアルデヒド発散建築材料を使用しない(F☆☆☆以上とする)
A気密層、通気止めによる措置:気密層又は通気止めを設けて天井裏などと居室とを区画する
B換気設備による措置:換気設備を居室に加えて天井裏なども換気できるものとする