シックハウス対策の総合情報


シックハウス対策の総合情報トップページ > シックハウス関連用語 > 指定住宅性能評価機関

指定住宅性能評価機関


住宅性能表示制度を利用する方に対して、住宅性能評価を行い、住宅性能評価書の交付を行う機関のことで、国土交通大臣の資格審査を経て、指定を受けた機関のみが指定住宅性能評価機関となります。

住宅性能評価は、国土交通大臣が定める評価方法基準に従って行います。
具体的には、設計図書の評価と「設計住宅性能評価書」の交付、現場での3回以上の中間検査と竣工時の完成検査の計4回以上の検査と「建設住宅性能評価書」の交付を行います。

この2つの評価書には「住宅性能表示マーク」が付けられ、このマークは、指定住宅性能評価機関が適正に評価した時以外は、付けることが禁じられています。