シックハウス対策の総合情報


シックハウス対策の総合情報トップページ > シックハウス関連用語 > エアサイクル工法

エアサイクル工法


エアサイクル工法とは壁、小屋裏、床下の内部空間を連続させたエアサイクル層を作り、冬は暖気、夏は涼気を通わせることで住まいを快適に保つ工法で、健康・快適・省エネ・超寿命などのメリットがあります。

循環する暖気、涼気は天井、床、壁の輻射熱を高め、不快を感じたり結露の原因となるヒートショックを解消、冷暖房効果も高めることができます。
パッシブ換気で外気を導入し、自然に空気をリフレッシュしてクリーンな状態を保てます。
空気の流れが、結露やカビの発生を抑制。また、木材の腐食、シロアリ被害を抑制できます。