シックハウス対策の総合情報


シックハウス対策の総合情報トップページ > シックハウスQ&A > シックハウス症候群とは?

シックハウス症候群とは?


シックハウス症候群とは、建材から放散されるVOC(揮発性有機化合物)・カビ・ハウスダストなどに起因して頭痛・めまい・吐き気・目の痛み・鼻炎・皮膚障害などの健康障害を発症する症例をいいます。
その原因の一部は、建材や家具、日用品などから発散するホルムアルデヒドやVOC(トルエン、キシレンその他)などの揮発性の有機化合物と考えられています。
「シックハウス症候群」についてはまだ解明されていない部分もありますが、化学物質の濃度の高い空間に長期間暮らしていると健康に有害な影響が出るおそれがあります。

シックハウス症候群はあくまで建物を原因とする症例であり、あらゆる身の回り製品などから放散される
微量の化学物質に対して反応症状がでる化学物質過敏症とは異なります。